【統合失調症】

0歳児を連れてのわたしの通院はどうする?わたしの選んだ選択肢

こんにちは!@zuborahutokoです。

今回は、わたしの通院についての考えを紹介していきたいと思います
あくまでも、”わたし”個人の考えなので、参考程度に読んでほしいな!

わたしが持病を抱えたままの育児をするなかで、

一番頭を抱えたのが、わたし自身の病院への通院についてのことです。

里帰り先での育児が一段落つき、

自分の体調もまぁまぁ安定してきたので

自宅に帰宅しました。

もちろん統合失調症は薬での投薬の治療が回復への最善の近道なので

薬を処方してもらいにいかなければなりません。

わたしの通うクリニックは、平日にしか担当医がいませんので

だんなの休みの土曜日に通うことが難しかったこともあり、

平日に0歳児を連れて通院しなければならなかったのです。

もちろん、精神的に悩んでいる方が通う病院なので

産まれたばかりの赤ちゃんを連れて行くのにはかなり抵抗がありました

赤ちゃんを嫌う人や、望むけれど病気によって産めない人など

さまざまな心情の方が通う病院だからです。

生後3ヶ月の頃、メンタルクリニックに子供を連れて行ったけれど・・・

抵抗はあるものの、自分も薬を必要としているので

勇気を出して病院に当時3ヶ月のむすめと一緒に通院しました。

まだねんね期なのでベビーカーに乗せて病院へ行ったけれど

赤ちゃん連れの患者さんは珍しいほうなので、

待合室でわたしとむすめはかなり目立ちました。

そこで後ろの席のおばちゃん2人の会話が聞こえてきたのです。

「子育ては、女性1人じゃ本当にキツいわよ。」

「そうそう、だんなが手伝わなきゃ絶対ダメ!」

なんておばちゃん会議をしていました。

悪気がある会話でもなんともないのもわかっています。

けれどわたしは、妊娠・出産する前から統合失調症を患っています。

確かに持病を抱えながら育児をしていくのは、

他の方よりもはるかにリスクもあり困難なことは知っています。

ですが、「この子のせいで病気になったわけではないのに・・・

と勝手に悲しい気持ちになりましたし、

またどこのだれかも知らない人に噂されるのもすごく嫌な気持ちになりました。

診察室に入ると、お医者さんも和やかに「赤ちゃん可愛いね」などと

素早く診察をしてくれましたが、この件以来、

ますます病院にむすめを連れて通うことに抵抗ができたのです。

病院に行かなければならないのに、行くのが嫌になってきてしまい悩んでしまいました。

病院に行くときには、遠方の父親を頼らなければならなくなった

義実家の家族は、みんな平日は仕事をしていました。

なので頼ることはできませんでした。

うちの家族はというと、2人とも定年退職をしていて年金暮らし。

けれども実家は自宅から新幹線で2時間以上かかる遠方でした。

しかしながら、わたしは無理をいって通院の時の前日には実家の父親に

自宅に来てもらうことを選びました。

幸い、父親は滅多に会えない孫に月1で会えるのがとても嬉しかったようで

喜んで引き受けてくれました。

母親は膝が悪いので、一緒に来れず。できるものなら会ってもらいたかった・・・

こうして4ヶ月目からの通院の日には

自宅で父親がむすめの面倒を見てくれることに。

わたしは1人でメンタルクリニックに行くことを選びました

むすめの保育園が決まり、4月からは父親に頼ることなく1人で通院へ

この記事を書いている時期は2月ですが、

今回はだんなにお仕事を急遽、有給をとってもらい

通院してまいりました。

2月分と3月分のお薬を処方してもらい

この春からはむすめの保育園が決定したので、

4月からは通院にも1人で自由に気兼ねなく通えそうでホッとしています。

母親に持病などの病気がある場合は優先して保育園に入園することができます。

その辺についても、後ほど記事にしていこうと思いますので

合わせて見てみてくださいね。

子育て中ママのメンタルクリニックの通院には色んな選択肢がある

わたしのように実家の父親がかけつけてくれるという状況は

恵まれている方だとも重々感じています。

実家、義実家が両方とも遠方で

どちらも頼れないというママさんも多いと思うんです。

そうすると、一緒に行かざるを得ないですよね。

最近では、一時預かり託児所サービス

月齢によって利用できるベビーシッターなどもあるので活用したいところです。

これもまた、一部ご紹介できたらいいなと思います。

ここでは、子供を連れてクリニックに行くということを否定したいわけではありません。

ただわたしはやはり1人で病院に行くのが通いやすかったです。

小さい子供を子育てしている間の通院は本当に大変!
少しでも通院の負担が減るように周りのサポートも大事になってくるな